【公営と民間を比較】安くて穴場!市営スポーツジム利用【賢く筋トレ】

スポンサーリンク

賢くジムに通おう

Madoka
こんにちは!筋トレ女子のMadokaです!

 

ジムの初心者ガイドの記事はこちら↓

【初心者ガイド】スポーツジムデビューまとめ!女子も必見【持ち物&メニュー】
新型コロナウイルス感染拡大防止の為、ジムに行く際は皆様マスクの着用をお忘れなく! これで怖くない!ジムデビュー ...

 

ジムに通う際、皆さんは市営などの公営のジム民間のジムのどちらに通われているでしょうか?

これからジムデビューを考えている方も、自分に合ったジム選びをしたいですよね。

そこで、こちらの2つを比較してまとめてみました。

 

ちなみに、私は市営と民間の両方に通いましたよ!

 

スポンサーリンク

公営ジム

一般的に各自治体が運営する市営区営スポーツセンターなどが公営のジムです。

規模の大小や、マシンなどの設備にかなりのばらつきや差がある印象ですが、金額が一律で分かり易く、公共施設ならではの安定感があります。

 

駅から少し距離があっても、バスや駐車場など交通アクセスは整っています。

Madoka
駅近の公営ジムも勿論あります。

 

利用者層は、日中は主婦〜土日は会社員まで幅広く、夫婦や友人同士で来る方、お年を召した方もちらほら見かけますが、ガチムチのお兄さんは少数派です。笑

比較的落ち着いていて、気兼ねなく通うことが出来ますが料金が安価な為、マナーが悪い利用者が来るジムに当たる覚悟も必要です。

 

メリット

とにかく安い!!これに尽きます。笑

普通に1回に利用する時間分を計算しても、大抵1回300〜600円(私の所は1日400円)しかかかりません。

 

民間のジムは月額制なのですが、公営は1回毎に利用料を支払う所が殆どです。

(民間ジムで1回のみ利用の際は、1000〜2000円程必要です。)

 

その為、元を取らなきゃ!と焦ってジムの回数をこなす…というような心配も要りません。←

 

デメリット

ジム自体の施設規模(広さ、シャワールーム等)やマシンの新しさ&豊富さは、民間に比べると劣ります。

だからと言ってあまりにも古い訳では無く、民間ジムの型落ちのマシン、というぐらいのレベルで、普通に鍛える分には申し分ありません

 

公営ジムにはパーソナルトレーナーが居ませんが、民間ジムと連携してインストラクターがいらっしゃる場合が多いです。

Madoka
私の所は、コナミスポーツのインストラクターさんが来ています。

 

過去に通った公営ジムはどれも綺麗で、マシンも数年毎に入れ替えを行なっていました。

比較的新しい公営ジムは、民間に近い設備が整っているところもあるようです。

 

プール体育館、ヨガ&エアロビなどのレッスンは、各ジムによって有無があります。

 

スポンサーリンク

民間ジム

こちらは皆さんがご存知のゴールドジムなどCMで目にするジムや、有名人が通っているジムです。

 

ジム毎にサービスや特色が異なり、色々と選べる楽しさがあります。

インストラクターパーソナルトレーナーが多く常駐していたり、ジム会員同士の交流も多少あったりするので少し緊張してしまうかもしれませんが、皆さんアクティブなので友達作りにはとても良いと思います。

マシン利用や鍛え方の点も、優しく丁寧に教えてくれます。

Madoka
私は顔見知りが出来て、お誘いがあったりもしました。

 

民間ジムは駅近又は大型施設に併設されていたりと、アクセスに手軽な所が多いです。

 

利用者層は、余裕のある主婦〜意識高い系〜ガチムチお兄さんですが、ダイエットコースや目標設定プランを利用する短期ダイエッターの方も多かったですね。

 

メリット

施設が綺麗で、マシンもレッスンも豊富!

施設規模は大きく、最新マシン(最新トレッドミルは凄く楽しいです)、ホットヨガなどの特殊スタジオ、各種レッスンやプールに体育館等本当に沢山ある為、飽きる事無く通い続けられます。

 

男性に嬉しいプロテインフードコーナー、女性にはジム後の外出も安心なパウダーコーナー、定期契約のマイロッカーもあってとても便利です。

 

大型スクリーンを見ながら鍛え、好きなレッスンを受けたりプールに入り、最後は大浴場でお風呂に入って帰る…といったような、充実キラキラライフ(実話)が送れますよ←笑

 

デメリット

利用料が高額、敷居が高く感じる。

 

民間ジムは月額制で、プランにより利用時間帯や回数の制限があります。

目安としては、週1利用のコースで月額6000円前後利用回数無制限のコースは月額10000〜30000円程度です。

 

私は友人からの紹介キャンペーンと年齢割引を併用して、半年間は月額3000円(半年以降は5000円程)で通っていました。

当時は施設の良さと利便性から料金の高さはあまり気になりませんでしたが、今なっては高額だなあ…と思います。笑

 

利用時間割引年齢割引を上手く活用すべし!

 

スポンサーリンク

比較するとどちらがお勧め?

  • 費用を抑えたい
  • ジムに慣れていて鍛え方が分かっている
  • とりあえず試しに行ってみたい

以上の方は公営ジムをお勧めします。

 

  • 快適なジムライフ(利用者層やサービス)の為なら、利用料は気にならない
  • 施設やマシンは豊富で最新のものが良い
  • 初心者で何から始めたら良いのか分からない

以上の方は、まずは民間ジムをお勧めします。

 

どちらにもメリットデメリットはある為、それらを吟味して決める事になりますが、両方のジムに通った事がある私としては、結果現在は市営のジムで事足りて満足しています。笑

 

まずは民間ジムで自分のトレーニング法を決めたり、一通りの最新設備&スタジオ等を体験してから、近所の公営ジムと比較して利用を移す事が1番お勧めですね。

やはり運動は継続する事が大切なので、金銭面の負担は無いに越したことはないです。

 

スポンサーリンク

最後に

私は以前は週2程度、仕事帰りにそのまま車で女1人、ジム通いをしていました。

そのお陰なのか健康診断はオールAをキープ出来て、MAX体重時よりも6kgの減量に成功したのです。

 

今は夫婦で週末に市営ジム通いですが、日頃の運動不足解消と体型維持に役立っていると感じます。

折角なら楽しく賢くジムに通い、理想的なボディを目指しましょう!

コメント