【独学で習得】Javaまとめ【勉強法】

スポンサーリンク

IT資格関連の他の記事はこちら↓

スポンサーリンク

Javaとは

Madoka
Madoka

こんにちは!
独学でJavaを学んだMadokaです。
とても奥深くて、学び甲斐がありますよ!

Java(コーヒーのロゴでお馴染み!)は、大規模開発からモバイルアプリまで、 汎用的なプログラミング言語と呼ばれているプログラミング言語の1つで、世界中で最も多く使用されています。

かく言う私も、メインにコーディングする言語を選ぶ際に、SEの夫から”Java一択”と言われた程で、日本のシステム開発においてのJavaのシェアは今だに高い為、学んで決して損は無い言語と言えるでしょう。

リモートワークの普及により、今後更に需要が高まるかも?

IT業界の求人でも、PHPと並んでJavaが多く見受けられますよ。

そしてJavaの人気が高い理由として、汎用的でOSに依存しない=開発範囲が広い点が1番に挙げられます。

OSに依存しないと言うのは、一度プログラムを書けばどんなOSでも実行出来る事を指します。

通常、プログラム言語にはWindowsのみで作動・Macのみで作動といったように、実行出来る環境が限られてしまう事が多いのですが、JavaはWindows・Mac・Linux・UNIXなどの様々なOSで実行可能です。

エンジニアとしては、作成したプログラムが動く環境をいちいち考慮しなくても良い点は、とても重要で活用的な為(特にシステム開発の現場で)人気のある言語と言えます。

Javaで出来る事

Javaで開発出来るプログラムは様々で、幅広い分野に対応しています。

例えば、

  • アプリ系(WEB・PC・Androidアプリ)
  • WEBサービス(Google・Twitter)
  • IoT(Alexa)
  • 商用システム(銀行・ネットショッピング)
  • 家電等の組み込み系(Blu-ray)

など、日常的に私達が利用しているサービスも、元を辿ればJavaのプログラムが使用されているのです。

スポンサーリンク

私の勉強法

Javaはプログラミング初心者が習得するには、難しい言語と言われています。

その理由は、そもそも技術面が他の言語と比べると難しく、習得するまでに時間がかかってしまう為です。(知識量も多い)

ただ、Javaを学ぶとオブジェクト指向がしっかり身につきます。

このオブジェクト指向を理解している事によって、他のプログラミング言語の習得がし易く、応用が効きやすくなるのです。

Madoka
Madoka

私はWEBサービス&参考書のみの独学で、Javaを習得する事が出来ました。
実際に、在宅でAndroidアプリの制作やプログラム開発を行ないましたよ!

学習ツール

初心者向けでは無いJavaを独学で学ぶ際は、一見敷居が高く感じられますが、決してそんな事はありません。

なぜなら、IT業界でのシェアが高く需要がある=学習ツールが多いからです。

私はプログラミングを学ぶ上で、1番最初に選んだ言語がJavaでした。

そして実際に独学で習得出来たのですから、しっかりと本腰を入れて取り組める方なら大丈夫ですよ!
大切な事は、分からなくても諦めない事です。

WEBサービス

Javaを学ぶ上でお世話になったWEBサービスが、こちらのProgateです。

詳しい内容記事はこちら↓

実際にオンラインでコーディングをしながら学習する事が出来、私は1週間でJavaコースを修了しました。

基礎をまずお試しに学ぶのなら、プロゲートが便利です。

参考書

そして、知識と理解を深める為に必要な参考書(基礎+応用)は、知り合いのSEの方々の意見を参考に、分かりやすさを重視してこちらを選びました。

こだわりが無ければ、価格が安い&場所を取らずにすぐ読めるKindleがお勧め!

スッキリわかるJava入門 第3版

スッキリわかる Java入門 実践編 第2版

Javaの「どうして?」「なぜそうなる?」が必ずわかる入門書の決定版! 
ランキング1位の大人気Java入門書!!

本書は、Javaの基礎から初学者には難しいとされるオブジェクト指向まで、膨らむ疑問にしっかり対応し、Javaプログラミングの「なぜ?」がわかる解説と約300点の豊富なイラストで、楽しく・詳しく・スッキリとマスターできる構成となっています。

「なんとなくJavaを使っているけれど、オブジェクト指向の理解には自信がない」「学習の途中で挫折してしまった」という方にもおススメです。

本書から引用

上記に掲げている通り、Javaの参考書の中では有名でユーザーの多い初心者向けの書籍で、他のものと比べると読み易く、説明も丁寧です。

これらは私のお勧めではありますが、参考書はご自身との相性もあるので、少し試し読みをしてから購入した方が良いでしょう。

スポンサーリンク

最後に

オブジェクト指向を理解し、ある程度自分の動かしたいようにプログラムをコーディング出来るようになったら、次は自分で”こういうサービスや物があると良いなあ”と思うアイデアを出して、実際に何か1つ開発を行ってみる事をお勧めします。

Madoka
Madoka

制作物(アプリなど)を作る事で、自分の現段階での力量を実感し、またクライアントにも実力を提示出来る良い材料となりますよ。

合わせて、Javaの資格取得も↓

頑張って覚えたJavaで、是非色々とチャレンジしてみて下さい!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
IT
シェアする
ぽてワークス

コメント