【PG・SE比較】プログラマーとシステムエンジニアはどう違う?【新卒・転職】

意外と知らないPG・SEの違い

Madoka
こんにちは!在宅プログラマーのMadokaです。

プログラマーシステムエンジニアってよく聞くけど、何が違うのか・どんな仕事をしているのかは、意外と知られていません。

現在、人材不足が嘆かれているIT業界。

就職又は転職を考えていて、ITエンジニアに少し興味を持たれている方もいるのではないでしょうか。

そこで実際に、この2つがどのように異なるのかを、SEを夫に持つPGの私がご紹介したいと思います!



プログラマー(PG)の仕事

プログラマー(PG)はシステムエンジニア(SE)が作成したシステムの仕様書を基に、コンピュータを動かすプログラミング言語を使ってプログラミングを行い、システムやソフトウェアを作り上げます。

プログラマーが担当する工程は下流工程と呼ばれ、この下流工程ではプログラムのコーディングだけではなく、プログラムが予定通りに動くかのテストも行います。

こう聞くと、海外ドラマに出てくる人と関わらずに黙々とパソコンに向かってコーディングを行なっている人がプログラマーのイメージかと思いますが、実際は企業でのシステム開発はそもそもプロジェクトチームで行う仕事の為、グループのPG同士やSEと進行状況・バグ(不具合)修正の確認をする為に、意外とコミュニケーション力も必要だったりします。笑

その為、社会人としてのコミュ力と、コーディングやバグ修正に向き合う根気や忍耐力がある方プログラマーに向いていると言えます。

システムエンジニア(SE)の仕事

システムエンジニア(SE)プログラムの設計をし、プログラマー(PG)が見る仕様書を作成します。

一部テスト等で、SEがPGと同じ作業をする事もあります。

システムエンジニアが担当する工程は上流工程と呼ばれ、クライアントからヒアリング(要件定義)をした上でシステムの仕様を決め、基本設計〜詳細設計を経て仕様書を作り上げていきます。

SEにはシステム開発における広い知識と、PGに指示を出したりクライアント等の開発に関わる人との、高いコミュニケーション力が必要不可欠です。

一般的に、システムエンジニアはプログラマーとして実務経験を積み、ステップアップしてなる事が多いです。

PGが行う仕事を理解出来ていないと仕様書が作成出来ませんし、PGを現場でとりまとめる事も難しいですからね。

新卒でSEを目指す場合は一概には言えず、企業によって手順が異なります。

しかし例外としてSEと言っても、特に大きなプロジェクトの場合は全体の調整や橋渡しに徹し、中間管理職の様な仕事内容になる場合もありますので、あしからず。汗



IT業界へ就職(転職)する時に、目指すべきなのはどちらか

この2つの職種を目指す上で気になる年収ですが、システムエンジニアの方がプログラマーよりも平均年収は多少高いです。

ただ技術職の為、名ばかりのSEよりも技術力の高い上級プログラマーの方が稼ぐ場合も勿論ありますし、フリーランスでは個々の収入差が大きくなります。

合わせて最近は、プログラマー兼SE等2つの境界線が曖昧な企業も増えています。

故に年収に捉われず、まずはプログラマーとして経験を積み、その後自分がより向いている方で専門性を磨いていく事をお勧めしたいです。

Madoka
仕様書を作るのがSE!仕様書を基にプログラムを作るのがPG!

最後に

私がプログラマーになったきっかけは、退職後の進路を考えていた時に、保険系システムエンジニアの夫から言われた"僕のやっている仕事(システム開発)、君の方がずっと向いているんじゃない?"という何気ない一言でした。

当時はPCいじりは好きでも、専門的なプログラミングの知識はゼロの完全な初心者だった為、IT業界の基礎を学ぼうと基本情報技術者試験の勉強をし、その後プログラミング言語としてJavaを選択したという経緯があります。

Madoka
私は全て独学です。汗

独学の方法をまとめた記事はこちら↓

基本情報技術者試験(FE)とは IPA情報処理推進機構によると基本情報技術者試験は、 高度IT人材となるため...
Javaとは 大規模開発からモバイルアプリまで、 汎用的なプログラミング言語 Javaはプログラミング言...

私は実務を経験している一般的なPGさんより、技術はかなり劣ると思います。

しかし新米プログラマーながら、Androidのアプリ開発を行なえるまでになりました。

こんな私でも、何とか最低限の技術は身につける事が出来たので、これからIT業界を目指す方はとりあえずプログラマーから始めてみてはいかがでしょうか。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする