【保護者必見!】小学校プログラミング教育の必修化【2020年】

小学校プログラミング教育とは(文部科学省発表)

Madoka
こんにちは!実は小学校英語指導者資格を持っているMadokaです。

コンピュータを理解し上手に活用していく力を身に付ける事は、あらゆる活動においてコンピュータ等を活用する事が求められるこれからの社会を生きていく子供たちにとって、将来どのような職業に就くとしても、極めて重要な事となっています。

諸外国においても、初等教育の段階からプログラミング教育を導入する動きが見られます。

こうしたことから、この度の学習指導要領改訂において、小・中・高等学校を通じてプログラミング教育を充実する事とし、2020年度から小学校においてもプログラミング教育を導入する事となりました。

平成30年11月に発表(改定)された、文部科学省の小学校プログラミング教育の手引きには、以上のように述べられています。

※リンク先では、実際の指導の進め方や評価の考え方(予定)が記載されています。

必修化で、実際の学校教育はどう変化するのか

2020年度から必修化されるプログラミング教育の目的は、簡単に言えばプログラミング的思考(仕組み)を理解して、今後のIT社会に適応出来るようにしよう!というものです。

必修だからと言って”プログラミング”の科目が新設される訳では無く、通常の算数や理科等の時間に、プログラミングの考え方を取り入れて授業を行っていく事となっています。

この内容から分かるように、必修化はあくまでプログラミング的思考を養うもので、決してプログラマーやシステムエンジニアの育成ではありません。



パソコンが使えないとダメ?

現代ではPCやタブレット等が使えるに越したことは無いですが、ここはあくまで小学校教育。

プログラミング教育は、パソコン操作やコーディング(プログラミング言語)を学ぶ訳ではありません。

Madoka
パソコン操作なら既に、総合の時間などで行っている事が多いです。

プログラミング的思考とは、物事が実行されるには手順があり、行いたい物事を実行させる為には、どのような動きが必要で、どのように組み合わせたらいいのかを、論理的に考えていく力の事を指します。

その為この思考を養うにあたって、パソコンを使わずとも紙と鉛筆によるアンプラグドな指導でだって、十分に授業は行えるのです。

オンラインで学ぶ!小中学生向けプログラミング D-SCHOOLオンライン

最後に

小学校英語指導者資格保持のMadokaとしては、やっと日本も義務教育の中でプログラミング教育が始まったのか、という印象です。笑

英語然りIT然り、子供達の可能性が高い内に、どんどん新しい世界に触れる事は凄く大切な事で、知らないで出来ないよりは知って出来ない方が、断然良い!と私は考えています。

プログラミングと言っても変に堅い内容ではないので構えずに、物事を実行(解決)する為の仕組みを学んで対応力をつける事、と保護者の方には理解して頂けると良いのではないでしょうか。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする