【独学で開発】Androidアプリ【設計からリリースまで】

なぜアプリ開発がAndroidなのか

Madoka
こんにちは!アプリリリース経験のあるMadokaです。

日本におけるスマートフォンはiPhoneが多数を占めていますが、世界的に見るとAndroidが7〜8割と、シェアが逆転しているのはご存知ですか?

つまり日本人向けアプリに拘らなければ、マーケットが広いAndroidの方が、アプリをダウンロードして貰える確率が高くなるのです。

それにアプリをリリースする際の審査も、Appleと比べてGoogleの方が優しい事は有名です。



私はMacユーザーですが(PCもスマホも)プログラミング言語はJavaを使用する事と、海外リリースに興味があった為、アプリ開発はAndroidで行う事にしました。

スマートフォン用アプリ開発の際、iPhoneかAndroidかの選択によって使用するプログラミング言語が異なります。

  • iPhoneはSwift(他の言語でも不可能では無いが、推奨していない)
  • AndroidはJava(同上)

開発に必要な物

  • PC(Mac・Windows・Linux・UNIX)
  • 開発環境の構築(Android Studio)
  • Javaの知識
  • アプリのアイデア

手持ちのPCですぐにアプリ開発を行えるのは、OSに依存しないJavaの強みです。

アプリのアイデアは、まずは自分で”こういうサービスやゲームがあると良いなあ”と思うものをいくつか出して、比較的簡単に出来そうなプロジェクトから、試しに行ってみる事をお勧めします。



開発環境の構築(Mac)

以前はEclipseで開発を行っていましたが、ここ最近はGoogleが配布しているAndroid Studioが主流で人気です。

私もアプリ開発に至っては、Android Studioで行っています。

開発に必要なツールがセットになっていて、とても便利です。

Android Studio

インストールはこちら

(最初は英語表記ですが、プラグインにより日本語化が可能)

プロジェクト(現在アプリ配信休止中)

只今リリースに向けて開発中の為、進捗は徐々にご報告予定です。

追記

ブログ記事投稿をここ数ヶ月メインに行っていた為、アプリ開発が疎かになっていましたが、無事9月末にリリースをしました!

Girls Calc★Cute simple calc
Girls Calc★Cute simple calc
Developer: pote-works
Price: Free

簡単な電卓アプリです。笑

後程、詳しい開発過程をアップしたいと思いますので、お楽しみに!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする